ブログ
 BLOG

本体

利用者Hさんは以前から「パソコンがほしい」が口癖でした。キーボードを買ってきたのが約半年前のことだったか。

先日、新しい試みとして始めた移動支援を利用して外出してきました。そしてなんと、パソコン本体を(恐らく中古の激安)買ってきました。

初めての移動支援の感想を尋ねると「アキバに行ったよ」と、いかにも何度も通い慣れた風に答えてくれました。

道は続く。

DSC_0379.JPG

「鬼は外。」
「福は内。」
西糀谷グループホームは、寒い中外出先から帰ってきた入居者を待って
全員揃ったところで南南東に向かって鬼を追い払い福を招き入れ新しい年(立春)迎え、今年も健康で過ごせますように心に願いました。

西糀谷ブログ写真02(1).png
皆様の健康とご多幸をお祈り申し上げます。
この後鬼(※実はケーキです)を美味しく召し上がっていただきました。

01-19-57-955.jpg

地域との交流

昨年7月から週に一度、千葉誉田のグループホームの利用者さんを地元のコミュニティーセンターで行われている障がい児者、健常者混合のバドミントンにお連れしています。照れ
利用者さんの健康管理だけではなく、コミュニケーションなど、とても役に立っております。爆  笑
また、市内の就労支援事業所併設の喫茶店で定期的に集まっておられる障がい児者ママさんたちの仲間に入れていただき、
親御さん達のニーズなどを頂くなど、
利用者さんだけではなく、
我々職員にとっても貴重な情報交換の場となっております。照れ

歓迎会

新しいメンバーが入居しました!

ささやかではありますが

歓迎のお食事はお赤飯でした。

何度も体験を重ねた上で

グループホームへの入居を

決めました。

新しい一歩を一緒に

踏み出していきましょう!

2023.01.22.jpg

@武蔵村山

通院同行

「自分でやれそうなことは、まずは自分でやってみる」のがレインボーズアパートメントのグループホーム。
だけど、一人で病院に行けないくらい具合が悪かったり、障害が重かったり、先生にうまく伝えられなかったり、交通機関がなかったりと様々な理由で職員が通院に同行することがあります。

「ひとりで頑張りすぎない」

病気や障害と向かい合って生活していく秘訣です。

49580.jpg

応援をちからに

「時々お昼ご飯の調理を自分でしています」と相談支援のモニタリングの時に報告した利用者さん。
どうやら相談支援専門員から「作った料理の写真を送ってほしい」と背中を押されたようです。

早速、昼食を作って写真に撮り、報告していました。

一人暮らしをすることが夢の利用者さん、着々とその夢に向かって進んでいます。

49187.jpg

断捨離

新しい生活を始めると、物を新調して今まで使っていたものが不要になったり、そもそも部屋に入りきらなかったりすることがあります。
そんな荷物を粗大ごみで処分する時、生活保護を受けている方だと処分費用が減免になることがあるそうです。
今日は、利用者さんから処分の相談と書類の記入、回収の手続きなどの依頼を受けて準備をしました。

今回の粗大ごみの手続き、実は既に入居していた利用者さんから教えていただきました。

困った時はひとりで頑張らずに互いに助け合い、人の手を借りる練習をする、グループホームではそんな生活を目指しています。

48989.jpg

48985.jpg

縁起物

ちょっと遅れましたが、鏡開きということで

48965.jpg

働いた証

働いて貯めたお金で年末に購入したベッドが、先日配送されました。
早速感想を聞いてみたところ「最高です!」とのこと。

日頃の疲れをしっかり休めて、明日の仕事に望めそうです。

48820.jpg

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

先日、ある利用者と面談を行った際に将来的な目標を尋ねたところ、「自立したい」という言葉が返ってきました。
そこで、「自立ってどういうこと?」と聞き直したところ、今度は「なんでも自分でできるようになる」という答えが返ってきました。

果たして「なんでも自分でできる=自立」でしょうか。
なんでも自分でできる人が世の中に何人いるんでしょうか。

その利用者さんに、こう伝えました。
「なんでも自分でやろうと頑張ってしまうと、ストレスを抱えることになる。自立とは、なんでも自分でできるようになることではなく、できない自分を認めて人の手を借りることができるようになることだ」と。

ホームに入居している利用者は、全員何かしら苦手な部分を抱えて生活しています。
やがて周囲の力を借りて地域で生活できるようになるといいですね。