西糀谷

虐待防止研修

先日、勉強熱心な世話人が自主的に虐待防止研修を受けてきたので、今度は講師となって他の職員に対して伝達研修を行いました。

一言で虐待というと、いじめや暴力が思い浮かばれ、身近で虐待なんて起こっていないと思ってしまいますが、実際の事例を聞いていくと「こんなことでも虐待になるの?」という事例が多く含まれ、同時に自分たちももしかしたら...と不安になりました。福祉に携わる職員は、志の高い人や困っている人を見ると黙っていられない人も多く、積極的にいろいろなことを手伝ってしまうこともままあります。でも、関わられる当事者からすると「善意の押し付け」に感じてしまうこともあり、それが度を過ぎると「虐待」と捉えられてしまうようです。

「虐待ではなかったか」「やれることを奪っていなかっただろうか」、日頃の自分たちの支援を振り返る作業を行いました。

43889.jpg

レインボーズアパート西糀谷は、まずは自分でやってみる、自立を目指すホームづくりを目指しています。

おかげさまで入居者も増えてきましたが、男性居室はまだ空室があります。

お気軽にお問い合わせください。

SST

西糀谷は入居したばかりの人たちの集団。

お互いの事をよく知らないので、ちょっとしたことでトラブルが起きてしまいました。

職員の方で何があったのか皆さんに聞き取りをしていく中で、今回はSST(ソーシャルスキルトレーニング)という手法を取り入れました。

・何があったのか

・自分はどうすればよかったのか

・相手にはどうしてほしかったか

・どうすれば仲良く生活できるか

話し合っていくことで、最終的には入居者皆さんが仲良く生活をしていくためにそれぞれどんなことに気を付けていいのか、自分たちでホームでのルールを考えることができました。

新しいホームなので、これからもいろいろなトラブルが出てくるかもしれません。

ひとつずつ丁寧に解決していきたいですね。

配膳の手伝い

32122.jpg

ちょっとしたアクシデントで夕食の準備が遅れていたら、おなかをすかせた利用者さんが手伝ってくれました。

入所時の聞き取りではあまり料理をやったことがないという話でしたが、実家でお母さんが料理をするところを見ていたのでしょうか、とても上手に野菜のカットや和え物を作っていました。

ご本人も、これからも夕食の手伝いをやっていきたいとのこと。

とてもうれしい申し出ですが、グループホームは共同生活の場、他のみんなも少しずつ自分がやれることをやっていくのが目標です。

みんなで話し合って、当番を決めていけるといいですね。

朝食一例

入居が始まったレインボーズアパートメント西糀谷でも、他のホーム同様に栄養の整った食事が提供されます。

でも食材納入業者の都合上、ある程度の食数がまとまらないと購入ができません。

そこで、利用者が少ない間は職員が簡単な調理をして食事を提供しています。

利用者が増えてくるまで限定の、ひそかな楽しみです。

30399.jpg

お待たせしました。西糀谷の入居が始まりました。

引越し業者が来所し、次々と荷物を搬入していきました。これから新しい生活が始まります。

期待のあまり、荷物が多すぎて入りきれなくなってしまう場合もあるようです。

入居してから必要な物を用意することもお勧めします。3266.jpg30335_0.jpg

新入職員研修

レインボーズアパートメント西糀谷の入居開始を目前に、

勤務予定の世話人を対象に職員研修を行いました。

老人ホームなど介護施設の勤務経験がある世話人も多いのですが、

障害者支援の経験はほとんど皆無。

研修では、介護と支援の違いも交えながら、代表的な障害の内容と

対応方法などを学んでいきました。

これからしっかりお願いしますね。

29239.jpg

お待たせしました。西糀谷の体験が始まりました。

他のホームと違うのは、食事の盛り付けや掃除など、自分達でできることは自分達でやるところ。体験の時からそのつもりで泊まっていただいています。

他のホームの利用者さんの目標となることができるよう、いろんな事に取り組んでいきます。

レインボーズアパートメント西糀谷、見学が始まっています。

西糀谷の利点のひとつが、「防音性能」。

見学に来られた方に部屋で話をしていただいていますが、隣室ではほとんど聞こえません。これなら、部屋で好きな音楽を楽しむことも大丈夫!

窓からは京急の高架が見えますが、オフィスビル用の防音サッシが入っているので、電車の通過音もほとんど聞こえません。

駅から近い都心で、日当たりが良く、眺めも良く、コンクリート打ち放しでお洒落なお部屋。見学しているだけで、極上の気分です!