障害者雇用 職業訓練 SST 大田区

就労移行支援事業所
レインボーワークス

〒144-0035
東京都大田区南蒲田1-1-23
夫婦橋ビル5F

TEL 03-6715-8163

MAIL FORM お問い合わせフォーム

アクセス

障害者雇用 SST

レインボーワークスは、東京都大田区にある就労移行支援です。一般就労等を希望する、主に知的障害や発達障害の方にご利用いただいています。就労移行支援とは、ただ就職先をご案内するのではなく、働く力を養い、働き続けることを支援する事業です。レインボーワークスでは、「規則正しい生活」をはじめ、実際に「仕事」をしていただくことで「働く力」を高め、就労に結びついた後も定着支援と、住まいの場づくりまでサポートします。見学、無料体験を随時開催しています。お気軽にご相談ください!

ワークス通信

R3.レインボーワークス通信(1) .pdf

本事業所では、ワークス通信を発行しています。

ワークスでどのようなことが行われているのか?どんな事業所なのか?等

皆様に広く知っていただきたいと思っています。

ぜひご覧になって頂ければと存じます。

在宅支援について

今回、2度目の緊急事態宣言が発令されました。

その状況を受け、本事業所も2度目の在宅支援に入っています。

利用者の皆様には、ZOOMを使ったリモートでの講義、在宅で行える受注作業、生活している場所の清掃等

幅広いご支援を提供しています。

リモートでは、企業研究、ビジネスマナー、時事等を書くスタッフが考案したワークブックを使って行います。

受注作業に関しても在宅しているところに納品を行い、皆様に作業訓練をして頂いています。

清掃に関してもご自宅やグループホームといった各居住の空間を清掃して頂いています。

また週に1回訪問支援も実施し、皆さんの相談を受ける支援も行っています。

在宅支援の意義は、もちろん新型コロナの感染リスクの軽減が前提ですが

現在障害者雇用で問題視されている「在宅になってからの離職」を防ぐための訓練であります。

現在、各企業でも在宅でのお仕事、待機になっているケースがあります。

その状況に対応できない障害者の方が離職していることが増加しています。

この状況を受け、本事業所ではこの状況を敢てプラスに捉え、利用者様が在宅業務や待機になっても

安定して生活が行えるように訓練を行っています。

今後この状況はさらに悪化していくことが予想されます。本事業所の利用者様にはこの社会で就労をして頂く力を

新しい観点からアプローチしていけるように日々ご支援しています。

受注作業の様子

今回は、本事業所で行っている受注作業の紹介です。

ワークスは皆様の就労支援として、実際の会社様よりお仕事を受注しております。

実際の仕事なので、納期や品物のクオリティはもちろんのこと、お仕事をする上でのコミュニケーション能力、報連相と言ったことを

実際に業務をしながら訓練を行って頂いております。

今回ご紹介するのは、「餃子の金猫」という大森駅西口にある持ち帰り専門の餃子店から頂いている受注業務です。

餃子の金猫様が気になる方は→https://twitter.com/omori_kinneko

業務内容はお店でお客様が餃子を持ち帰られる箱に専用ラベルを貼りつける業務です。

単純作業ではありますが、真ん中に正確に張り付けられるように専用のキットを職員が考案し、皆さんが一律に同じクオリティで商品ができる工夫をしております。

納品日に指定量を行うため、皆さん集中して業務にあたっています。

ラベル貼りは就労先で最も多い「事務補助」を行う特例子会社様の業務で、多く採用されている作業です。

訓練として実際に本当に役立つもの訓練していくことを大切にしています。

ブログを読んで気になった方は、是非本事業所レインボーワークスにご連絡ください。

見学、相談だけでも構いません。皆様の就労を支える伴走者としてご支援させて頂きます。IMG_9382.JPGIMG_9399.JPGIMG_9375.JPG