矢川

今日は久しぶりに野菜炒めを作ったKさん、
歩いて10分くらいのところのスーパーへ
世話人さんと利用者Sさんと野菜を買いに

お手頃価格375円を更に2人で折半したらなんと185円

作ってくれたのはKさん
内線で、できましたー、と取りに来てもらい
お二人とも沢山野菜を摂れました

Kさんはさすが、切り方、彩りもきれいです

今日、矢川では利用者Iさんが、初めての米研ぎ、ご自分の希望で行いました!

この時間なので、今日の夕飯分、研いで頂きました。

丁寧に測り、そーっと水を流す姿、心洗われました..☆*:.。

タイマーしかけて今晩楽しみです♪

今度は肉じゃがなども、合わせて作ってみたいとのことでした!

今、保健センターに行って、こんなに沢山支給頂きました

期限が近いのだそうです

国立市は、自転車でとりに行ったので、一緒に自転車に荷物のくくりつけまでしてくださいましたー

優しい自治体です

 

マスクは、利用者さんへ一箱ずつ、支給させていただきます

ディスポは、グループホームで掃除や利用者さんの薬塗りなどに対応させて頂きます

手作り注意書き

私たちのGH矢川には、知的・発達・精神の方がいらっしゃいます。

グループホームで生活していく中で、ルールがあります。

ルールは分かっているけれど、どうしても守れない方もいらっしゃいます。

だれでも注意を受けるのは嫌ですよね。

注意する側も同じです。そこで、

吹き出しタイプの手作り注意書きをつくってみました。

パソコンの文字に慣れているせいか、手書きの方が目につく!

そして温かみもありますよね。

少しでも目に留まり、ルールを守り気持ちよく過ごせるといいですね。

アイロンがけ

2024年辰年が始まりましたね。

みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年明けての最初のブログでは「アイロンがけ」です。

ご本人からの「アイロンのかけ方を教えてほしい」と。

管理者の助言とちょっとだけコツを手取足取り。

洗濯した洋服をアイロンをかけ、しわのない綺麗な服を身に着ける。

清潔感があっていいですよね。

次にやってみたいことは「お米研ぎ」

一歩ずつ自立に向けてできる事が増える=自信にも繋がりますね。

クリスマス会を終えて、ちょっと印象的だったことをお知らせいたします。

<分け合うということ>

 トランプゲームを行った時のこと。

 たまたま1位が2名でジャンケンで勝ったAさんに景品を渡したところ「1位」は二人だからと受け取ったお菓子の半分をもう一人のBさんに渡すシーンが。

 なかなか出来るものではないですよね。本当に素晴らしい行為に職員も驚きと嬉しさでいっぱいになりました。

<参加するということ>

 集団でのイベントというものは楽しみでもありハードルが高いものです。

 日頃、同じ時間に同じメンバーから男女混合でなかなか一緒に食べる機会もないため緊張してる方もいました。

 また、症状によってはなかなか皆と一緒に食事ができない方もいます。

 職員が強制したわけではないのですが、いつもよりも長い時間仲間と共にクリスマス会を楽しむんでいました。

 今までにない光景にこちらも嬉しさでいっぱいに。

<新たな一面>

 イベントは、利用者さんの新たな良い一面を発見したりや成長を感じます。

 みんなと共に過ごす時間はとても貴重でいいものですね。

 

<みなさまへの感謝>

 グループホームの運営は、職員だけでなくご家族の皆様のご理解と支えがあってこそです。また関係機関との連携もしかりです。

 みんなが安心して過ごせるホーム運営となるように職員一同来年もがんばってまいります。

 来年もどうぞよろしくお願いいたします

今年のクリスマス会は、男女混合で盛大に行いました!

と、その前にみんな揃っての防災訓練も同時に実施しました。

防災袋の確認に加え、防災の説明にもみんな真剣に聞いてくれて。

そして待ちに待ったクリスマス会!

サラダ、カレーライス、唐揚げ、ポテト、リンゴ、提供いただいたお菓子にジュース!

どれもみなさん大好きな物とあって美味しそうに口に頬張る姿を見て

職員も作って良かったなぁ~っとしみじみ

そう!今年は、お食事会だけではありませんよ

なんと利用者さんの発案で「カラオケ」も楽しみました。

皆さん若いだけあって流行りの曲も多く、ノリノリで盛り上がりました♪

そして次に~

トランプです。神経衰弱(しんけいすいじゃく)をやってみました。

初めての方もいて真剣そのもの。

最後には、ビンゴゲームで盛りあがりました!

番号が読み上げられる度に一喜一憂しながらも「ビンゴ!」と元気よく

商品を受け取り笑顔溢れる姿がまた印象的でした。

みんなが一つに集まって笑顔で過ごす事ができた幸せなひと時でした。

素敵なイベントとなりました。

モニタリング

グループホームで過ごすにあたり、個別支援計画書をサービス管理責任者が作成しています。

モニタリングといって、ご本人と計画書についてお話の場を定期的に設けています。

今回、管理者も一緒にご本人のお気持ちや考えをお聞きしました。

12月とあって一年の振り返りと今後ホームでの希望する暮らしや日中活動についても触れて。

ご本人の思いもお聞かせいただき、管理者の利用者に対する思いも聞くことができました。

このような機会は、われわれにとっても貴重な時間です。

ご本人の関わりのある関係機関とも連携しながら、丁寧な支援を心がけていきたい

と常々思いながら支援にあたっています。

12月に入りましたね

2023年も残すところ1カ月となりました

この一年を振り返ってみるとどのような年だったでしょうか

GH矢川は、新しいメンバー1名をお迎えできました

満室となり賑やかに

共同生活ゆえにただ楽しいばかりとはいかないグループホーム

師走とあってか?利用者間トラブル発生もしばしば

穏やかな時間を少しでも過ごしてもらえたらと

クリスマスの飾りをしてみました

矢川のクリスマス会は25日です

一年の締めくくりに楽しい時間を過ごしたいですね

冬服購入しました

今まで大切に着た冬服も時間の流れとともに色褪せやほころびが、、

身だしなみも大切にしてほしい

ご本人とも話をして新しいお洋服を

ただ予算が限られている

ということで、、

古着屋さんでお手頃価格で購入しました。

意外と難しいのが手放すということ

特にいつも着用していたのならなおさら

手放して新しく着用するというタイミング

これはとても大切なこと

そっと見守っていました

今回は、定期受診のタイミングでした

長く大切にする気持ちも大切ですが

新しい物を身に着けると気持ちにもいい変化があります