福祉事務局

各種申請

障害福祉サービスを利用していると、手帳の更新などいろいろな書類に記入しなければならない場合があります。

住所や生年月日を記入するだけでなく、場合によっては必要書類を同封して返送したり施設の印鑑を押したりと「また来たか」と思っていつもと同じつもりで記入すると、書類の不備で確認の電話が入ることも。

そんな書類手続きも、ホームの職員に確認してもらいながら記入していけば大丈夫。そばに手伝ってもらえる人がいるって、安心ですね。25608.jpg

利用者さんに新しいことをやってみるように勧めると、「でも、間違えると・・・」という返事が返ってくることがあります。

でも、人間だれしも最初から失敗しない人なんていません。

グループホームは失敗してもいいところ。職員から勧められたのなら、怖がらずにどんどんやってみましょう。

きっと、勧めた職員も最初からできると思って勧めてはいないはず。わからなければ聞けばいいんです。

レインボーズアパートメントでは、利用者さんの持っている力を少しでも引き出せるように、日頃から工夫を凝らして関わっています。

滞在型でありながら、入居中に自信をつけて次のステップに進まれる方も多いんですよ。

最近、地震が多いような気がします。東海沖地震、南海トラフ等、いつか必ず来ると言われている巨大地震や災害に備えて、ホームでもいろいろな物品を備蓄しています。

でも、用意しておくだけでは、その存在も忘れがち。時々中身を取り出して、期限切れの物や不足の品がないか、確認しています。各事業所、いつも避難訓練の際に確認しています。

時々、利用者さんから「今日は(いつもと)違う店で買い物してきた」とか、「違う道で帰ってきた」「あそこで工事してた」なんて話を聞くことがあります。

こんな何気ない日常会話が、実は重要な情報源。

こころやからだに不安を持つ利用者さんにとって、普段と違う行動を取ることは、大冒険なんです。

調子が悪いから普段と違う行動を取ることもあるけれど、逆に調子が良いから周囲に興味が湧いて違う行動に出ることも...。

金銭管理

お金は計画的に使っていかないと、すぐになくなってしまいます。給料や工賃、年金、生活保護費などで得た収入を全て自由に使ってしまったら、家賃や光熱水費、食費や日用品費など、生活に必要なお金が出せなくなってしまいます。そうならないように、ホームでは金銭管理のお手伝いもしています。

障害者手帳の更新で保険センターへ。

窓口がたくさん、書くことがたくさん、順番を待っている人もたくさんで、焦っちゃいます。

そんなときでも安心。

普段からよく知っている職員さんが同行して、手伝ってもらうこともできますよ。

この度 株式会社ビーテックは、かねてより建て替え建設中でございました本社ビルが完成し2022年3月1日より移転開始いたしましたこと、お知らせ申し上げます。

それに伴い、「レインボーズアパートメント西糀谷」(介護サービス包括型)を新規開設することとなりました。また、就労移行支援事業所「レインボーワークス」も新社屋内に移転併設いたしました。

皆様方のご期待に添えるよう、今まで以上に障害者支援業務に邁進する所存ですので、

今後とも一層のご愛顧をお願い申し上げます。

なお、以下の通り、「レインボーズアパートメント」の名称統一を進めてまいります。

 

2月1日より名称変更

ザ・スカイコート柴又   →  レインボーズアパートメント柴又

 

3月1日より名称変更

ザ・スカイコート羽田   →  レインボーズアパートメント羽田

ザ・スカイコート仲池上  →  レインボーズアパートメント仲池上

 

4月1日より名称変更

ザ・スカイコート下恩方  →  レインボーズアパートメント下恩方

ザ・スカイコート矢川   →  レインボーズアパートメント矢川

 

今年度、電話番号の変更も予定しております。変更の際には、改めてご案内申し上げます。

掃除をすること、ゴミを捨て部屋を整頓することには、色々な意味合いがあると思います。ここで一度少し考えてみましょう。

散らかった部屋で過ごすと、集中力を低下させる原因になります。部屋が散らかっていると、余計なものが目についてしまい、気が散ってしまったり、疲労感を感じることもあります。中には雑然とした部屋の方が落ち着くという方もいらっしゃるかも知れませんが、基本的には部屋をきれいな状態にすることで集中力を高め、生産性を上げることができます。

きれいで整頓された部屋にいると、知らず知らずのうちに「きれいな状態を維持しよう」という気持ちが働くようになります。片付いた部屋では、使ったものはすぐしまうなど、自然と部屋を散らかさないように気をつけて行動することができるようになります。

探し物が減るというメリットがあります。探し物をするのは、物をきちんと管理できていないため起こります。不要なものを処分し、必要なものを決まった場所に収納しておくことで、探し物にかかる無駄な時間を減らすことができます。

一人一人が部屋をきれいな状態に保ち、みんなで毎日を気持ちよく過ごしましょう。

新型コロナウイルス感染症対策で、各ホームに「ロスナイ」を設置することになりました。

ロスナイ」とは、室内の温度と湿度を無駄にしないで、効率よく換気を行う「熱交換型換気機器」のことです。特徴は、冬でも寒くならずに換気できるだけでなく、機械で強制的にしっかり換気できて、外気中の汚れが室内に入るのを防止し、窓を開けるのと違って防音効果があり騒音が低減されます。換気で捨てられる室内の暖かさや涼しさを再利用することで、冷暖房の省エネをしながら換気することが可能です。

今回設置したものは、空気清浄フィルター搭載の「換気空清機ロスナイ」。

1月18日に、「レインボーズアパートメント柴又」が初めての設置となりました。窓を閉めた状態でも、開けたときと同じような換気ができて、お部屋の温度も下がらず、過ごしやすくなりました。

1月25日には、「レインボーズアパートメント千葉誉田」と「レインボーズアパートメントユーカリが丘」の設置工事を行うことが予定されています。

こんにちは。グループホーム事務局のIです照れ

あまり知られていない障害者グループホームの日常をブログを通じてご紹介していますラブラブ

いつもは利用さんの日常をお伝えしていますが、、、

今回はグループホームのご紹介をさせてください音譜

なんと、わがグループホームのホームページが完成しました!!

『グループホーム レインボーズ★アパートメント』(今ご覧になっているホームページ)

という名のホームページです音譜(ブログだけが先にありました)

よろしくお願いします!!

ホームによっては満室のところもありますが、見学はできますので、お気軽にお問合せください。

千葉誉田のグループホームは3月1日にオープンしたてということもあり、充分空きがございます。

他のホームに関してはお問い合わせください。

よろしくお願いいたしますキラキラ