知的障害 発達障害 シェアハウス

グループホーム レインボーズアパートメントは、東京を中心とした地域にある、障害者のための滞在型の共同生活援助です。知的障害・発達障害・精神障害で、シェアハウス型のグループホームをお探しの方は、ぜひご利用ください。障害を抱えた方が、自立した社会生活を送ることが出来るように、生活から就労まで支援を行っています。夜間スタッフ常駐、全室個室利用です。無添加やオーガニック食材にこだわった食事を提供しています。内覧、無料体験を随時開催しています。お気軽にご相談ください!

大事な水

レインボーズアパートメント柴又の近くには金町浄水場という大きな浄水場があり、ホームで使う水もそこから供給されています。

(残念ながら、現在はコロナの影響で見学できないそうです)

風呂・トイレ・食事など、水は毎日の生活には欠かせないもの。無駄遣いせずに大切に使いたいですね。

レインボーズアパートメントでは随時利用者の募集をしております。都内、千葉市、佐倉市、それぞれのホームで空室のあるホームもありますので、お気軽にお問い合わせください。25778.jpg25777.jpg

各種申請

障害福祉サービスを利用していると、手帳の更新などいろいろな書類に記入しなければならない場合があります。

住所や生年月日を記入するだけでなく、場合によっては必要書類を同封して返送したり施設の印鑑を押したりと「また来たか」と思っていつもと同じつもりで記入すると、書類の不備で確認の電話が入ることも。

そんな書類手続きも、ホームの職員に確認してもらいながら記入していけば大丈夫。そばに手伝ってもらえる人がいるって、安心ですね。25608.jpg

利用者さんに新しいことをやってみるように勧めると、「でも、間違えると・・・」という返事が返ってくることがあります。

でも、人間だれしも最初から失敗しない人なんていません。

グループホームは失敗してもいいところ。職員から勧められたのなら、怖がらずにどんどんやってみましょう。

きっと、勧めた職員も最初からできると思って勧めてはいないはず。わからなければ聞けばいいんです。

レインボーズアパートメントでは、利用者さんの持っている力を少しでも引き出せるように、日頃から工夫を凝らして関わっています。

滞在型でありながら、入居中に自信をつけて次のステップに進まれる方も多いんですよ。

グループホームは何人かの利用者さんで共同で生活する家。
レインボーズアパートメント武蔵村山では、隔週の週末に全員で共用部分の掃除を行っています。
自分の部屋をきれいに保とうと思っても、掃除のやり方がわからなければいつの間にかもので溢れた部屋になって布団を敷くスペースもなくなってしまいます。
レインボーズアパートメント武蔵村山では、職員と一緒に共用部分の掃除をすることで、自然に掃除の仕方が身に付くように工夫しています。

20220515_190513.jpg20220515_190309.jpg