障害者雇用企業セミナー

知的障害 発達障害 シェアハウス

グループホーム レインボーズアパートメントは、東京を中心とした地域にある、障害者のための滞在型の共同生活援助です。知的障害・発達障害・精神障害で、シェアハウスをお探しの方はぜひご利用ください。障害を抱えた方が、自立した社会生活を送ることが出来るように、生活から就労まで支援を行っています。夜間スタッフ常駐、全室個室利用です。無添加やオーガニック食材にこだわった食事を提供しています。内覧、無料体験を随時開催しています。お気軽にご相談ください!

全員掃除の後に、体幹トレーニングを行いました。

月2回の全利用者清掃の後に、プロの整体を出来るスタッフがいたので、初めての試みとして利用者さん向けに行いました。

利用者さん一人ひとりの身体の状態を見て、それぞれに合った基礎の体幹トレーニングをやってみました。

お迎えで来られた保護者の方も加わり、楽しい交流の場となりました。また機会があればやってみたいです。

Kさん作。ポストの絵に引き続いての作品です。塗り絵は、A4サイズ4枚分の大作。

もともと白い紙に書いてくれたのがきっかけで、ご本人が「通所先で塗り絵をやってるんだよ」と言うので、「えー見てみたい」という話になり、本当は作業所で貼っておくべきものを、一時的にお借りして持ち帰り、ホームでも鑑賞させてもらっているところです。

色合いはビタミンカラーでカラフル。とても工夫されていて元気をもらえます。

描かれた絵は癒やしなんですよーということです。一枚は事務室に貼って、休憩中に癒やしてもらっています。

Yさん初めてのゆで卵作り。カップラーメンのトッピングです。

何分やっていいか分からず、不安いっぱい、おっかなびっくりしながら挑戦しました。どのくらいのかたさにするか職員と話をしてネットで調べましたよ。

結果はとても良く出来て、本人も満足!

昨年に引き続き、野菜を植えています。

昨年は、サツマイモは豊作でしたが、トマトキュウリは長雨の影響で根腐れを起こしてしまい、収穫が少なかったです。

今年は、キュウリスイカを植えています。利用者さんが作付けをして毎日水やりなどのお世話をしてくださっています。近所に花屋さんもあるので、利用者さんと一緒に花の苗を購入して、花を植えようという計画もあります。

第三者評価用にポストを作りました。

世話人と利用者さんの共同製作です。箱は世話人が作成して、絵を利用者さんが書いてくれました。

第三者評価とは、3年に1回、事業所が評価機関から評価を受けるものです。今回、利用者さんと世話人からのアンケートをお配りして回収することになっているので、回収箱を作りました。

アンケート回収が終わったら、目安箱にしようと思います。