質問コーナーその2

 

前回に引き続き質問についてお話した内容を紹介いたします。

Q2、レインボーワークスは、何で半年間は就労できないのですか?(利用希望者)

A,「利用者さんとの関係や特性を理解するためです。」

利用者さんや希望者さんとお話をしていると「早く就労したい!」「仕事を見つけてくれればすぐに働けます!」という言葉を聞くことがあります。
もちろん早く就労すればお金も稼げます。しかし、長く続かない。
これは本当に良く起きます。

それは、なぜか?
支援者と利用者さんの関係が構築できず、特性も理解できず、支援がうまくいかないからです。
利用者さんに力がないのではなく、その特性を見抜けないまま急いで就職させた結果、1年経たず離職するケースは実際にとても多いです。

「障害者 離職率」と調べると様々な情報が出てきます。
それに目を通していても、原因は、当事者の方に適切な支援、関係性の構築ができていないことが見えてきます。また当事者自体が自分の障害性を理解できていないことも分かります。

なので、ワークスでは、最低でも半年間は訓練を行ってもらっています。長く無駄だと思われがちですが、上記の結果には、なりづらくなります。

企業定着は、当事者と支援者がどれだけ関係を構築でき、特性をお互いに理解するかで決まります。
そのためには、訓練以外の生活や家庭環境の支援もワークスは徹底的に支援致します。

なので、これから働こうとしている人は、まず支援機関との関係を大切にしてください。
「俺のこと分かってくれない!」「俺の人生だから俺が決める!」といった考えではなく、自己理解と他者へ理解してもらう期間としてください。