今回は、レインボーワークスの新プログラムをご紹介します。

課活動は、その名の通り、会社をイメージした業務内容を行うプログラムです。

今回は総務課をご紹介したいと思います。

総務課は事務系補助の仕事を行います。シュレッダーやPC入力、伝票整理など

実際の障害者雇用を行っている会社様で行われている業務を調べ上げました。

それをワークスで切り出しとして繁栄し、訓練として行っています。

この活動を行ってから、利用者様の職業観、意欲は向上しています。

自分たちが目指す職種やチャレンジしたい仕事を自分たちで選択し、役割・責任として行い、達成する。

利用者様のスキルや気持ち等格段に成長しています。

IMG_2212.JPGのサムネイル画像IMG_2211.JPGのサムネイル画像IMG_2213.JPGのサムネイル画像

今回は、就労移行支援事業所レインボーワークスの新プログラムをご紹介いたします。

「総務課」・「サポート課」の設立です。

本事業所の利用者様がさらに就労への意識向上やスキルアップのために考案致しました。

全国にある特例子会社様での業務を訪問や情報を収集し、「今どういった力がもとめられているか?」「どういった仕事がメインなのか?」というもの

集計しましました。

そして、その結果をもとにワークス内で行える業務の切り出しや各利用者様が求める業務をつくり、「総務課」・「サポート課」を設立しました。

「総務課」は、主に全国の特例様で主流となっている「事務関係」や「印刷業務関係」、「郵送物管理関係」のお仕事をメインにしています。

シュレッダー業務や郵便物の回収、出退勤のPC入力、伝票整理、ファイリングといったものを業務としています。

また、朝礼・終礼用のホワイトボードの記入なども職員から聞き取り、メモ記入して、反映して頂くことや事業所内の筆記具や必需品の管理、補充チェックも行って頂いています。

就労の際に必要なスキルだけでなく、各会社で最も求められる「報連相の力」も日々の訓練の中で学べるように工夫しています。

「サポート課」は主に「軽作業関係」や「園芸関係」、「環境改善業務」をメインとしています。

ゴミ回収や温度・湿度の管理、室内の換気・消毒、観葉植物の管理、配置といったものを業務としています。

また、利用者様へ毎日記入して頂く「日誌」の配布やWEB上で天気関係を情報収集しその報告を行う業務も設定しました。

報連相はもちろんですが、生活に必要な情報を収集・公表したり、観葉植物の世話や配置をし、利用者様や来客者様に気持ちの良い空間に滞在して頂く。

そういった他者への配慮も学んでいただくことを目的としています。

いかがだったでしょうか?

今後、利用者様が実際に業務訓練して頂いている様子もUPしていきたいと思います。

ワークスを利用して頂ければ、必ず皆様のプラスになることがたくさん身につきます。

興味がある方は是非、ご連絡ください!

今回は、皆様が気にしている現在の障害者雇用について私たちレインボーワークスが

調べた内容をお知らせします。

少しでも皆様の雇用にお役立ていただければ幸いです。

①ハローワークに関して

今までの求人に比べ約7~8割減になっており、求人が出回っていない状態です。

雇用関係も在宅関係(PCを使ったテレワーク関係)は求人が出ています。

また、スーパーや物流関係も出ているとのことです。

新型コロナウィルスの関係で、求人も偏りが出ている感じです。

今後時期が経つにつれて、求人も元の状態に戻ってくると思います。

②しごと財団の委託訓練及び現場実習について

しごと財団に確認したところ「現在、登録している会社様に直接確認してください」との回答でした。

殆どの会社様が委託訓練及び現場実習をSTOPしている状態が予想されているとのことでした。

③特例子会社に関して

現在、本事業所と関係頂いている会社様やしごと財団に登録している特例子会社様で連絡をしてみました。

殆どの会社様で現在の受け入れはしていないとのことでした。

再開目途は早い会社で6月下旬、次に7月、長い場所では10月までとのことになっていました。

いかがだったでしょうか?

雇用先は、現実としては、少なくなっております。これは事実です。

また、今まで通り多くの雇用が出来なくなったり、雇用自体できないという会社も出てきます。これも事実です。

そんなこれからの世の中で、就労を目指すのであれば「就労移行支援」を利用することをお勧めします。

各事業所様には、会社様と連携していることが多く、就労しやすいメリットが多いです。レインボーワークスも同様です。

企業実習先や不安や悩みへの相談、ご自身に合った仕事探しを全力でサポートします。

新型コロナとの共生時代になっていく中で、今までように行かなくなるからこそ就労移行支援を使って有利な就労をしましょう。

この機会だからこそ是非、就労移行支援をチェックして頂ければと思います。

就労移行支援事業所レインボーワークスは、令和2年6月1日より

分散通所と言う形で営業を部分的に再開いたしました。

今後、通常営業の再開に関しては6月22日(月)から再開していく予定です。

見学会や利用希望は随時お受付しておりますので、お気軽にご連絡ください。

就労移行支援事業所 レインボーワークス

管理者:大森洋平

最近UPが出来ずにいました。

皆様もご承知のとおり、新型コロナウィルスのためレインボーワークスもある決断に至りました。

4月9日か5月6日までの期間を「在宅支援」という支援で、利用者様の就労支援を行っていくことに決定しました。

在宅支援とは、今回の状況のように、何か理由があって通所が出来ない状態になったときに、職員が連絡や訪問と言う形で支援を行う方法を言います。
レインボーワークスに関しては、ビジネスマナー講座で行った内容をワークブックにして行ってもらったり、自宅で出来る内職系業務を受注先の会社様より頂いたり、1行日報を付けるなどの対応をしています。
期間が長引く可能性も考量し、個別課題も行っていきます。

毎週金曜日には、職員が居住の場所まで訪問し、内職業務の納品や、ご本人との話し合いを行っています。

この支援状況であってもクオリティを落とさず、皆さんがしっかり取り組み成長できる課題、支援を行っています。

今回は利用者様の支援事例をUPしたいと思います。

この方は、レインボーワークスが出来てすぐにご利用されている方です。
いわゆる「引きこもり」といわれる状態から脱したいために就労移行を利用されています。

「毎日通所する。」社会では常識とされることですが、これは大変難しいことです。
人間の気持ちは、常に考えを変え、気持ちは常に変動します。

その方も通所が安定したり、しなかったり、時には2カ月近く利用できないことが続いています。
それでもその方は、レインボーワークスを利用し、就労面接を通過し、実習まで進みました。

ここまでいけたのは、なぜか??
その方が変われたから?それだけの力があったから?どちらも違います。

答えは「きっかけ」です。

レインボーワークスでは、このきっかけを支援や訓練の中で一緒に見つけていきます。
「一人では気づかない。」「自分では気づかなかった。」
きっかけはみんな違います。しかし行動を起こさなければきっかけは生まれません。

レインボーワークスに来て、一緒に見つけてみませんか?必ずきっかけが見つかります。

今回はレインボーワークスの支援について話したいと思います。

レインボーワークスでは、受注作業をメインとして、日々「本物の仕事」を行いながらスキルアップを目指しています。利用者様の中には「準備するものが覚えられない?」という方が多くいらっしゃいます。

そこで、職員が作成したのが写真のものです!!全て手書きです(スゴイ!!)
これは、生産品の作成の際に使う道具を工程ごとに分けたものです。

それぞれの担当が何を準備すればいいかを一目でわかるようにしたものです。
これを見れば、自分がどれを準備すればいいか一目瞭然です!!

支援向上のためにみんなで考えたり、職員の閃きであったりと、職員の支援力も日々成長です。
これからも利用者様が就労できるように支援向上に努めます!!

自己中心から他者全体へ

 

今日は、レインボーワークスを利用している利用者様の成長をつづるコーナーです。

発達障害20代男性の方です。
その方は、とにかく真面目!を絵に書いたような方です。受注作業など文句も言わず黙々と作業をこなしていく。言われたことはすぐに行動!パッと見れば本当に優秀なイメージです。

しかし、「自己中心」的な考えから周りの人の行動を見ず、自分がやる!自分がやる!!を押し通してしまうところがありました。仕事をする上で、それは働きづらさに繋がってしまうことになります。

レインボーワークスでは、ご本人との個別支援計画で、この部分の改善に努めてきました。周りと話をする機会や、グループワーク、休憩時間にトランプなど、人と関わることのメリットを体験していきました。

そんなある日、3月10日のことです。その方からある提案がありました。「明日は3.11から9年になります。みんながよければ、黙とうを捧げたいのですが?」と言う提案でした。
その方が自分でみんなと一緒に何かをしようと提案したのは初めてでした。内容も大変素晴らしいものです。すぐにみんなに決をとり満場一致で行うことにしました。

3月11日14時46分にLIVE中継を見ながらみんなで黙とうを捧げました。
この出来事は、その方の成長を見せてくれた大変うれしい出来事でした。
これからもっともっと、他者全体を考え、協力・提案ができる人に育っていくのだと確信しました。

時事情報コーナー
【新型コロナの市民マニュアルにつて】

今回は、皆さんが今、最も警戒している「新型コロナウィルス」に対し、とても分かりやすいハンドブックを見つけましたので、是非ご一読いただければと思います。

新型コロナウイルス感染症 市民向け感染予防ハンドブック(※ 2020年4月24日 改訂)

レインボーワークスでもこれを参考に、対策を講じています。

情報が様々錯綜していますが、このハンドブックを通して確認していただければと思います。

レインボーワークスの説明会は、皆様の安全も考慮し、柔軟に対応させていただきたいと思っています。

特例子会社の企業見学会

 

今回は、レインボーワークスが力を入れている「企業見学会」についてお話します。

レインボーワークスでは、2ヶ月に1度のペースで特例子会社の企業見学会を行っています。

特例子会社とは、各企業が障害者の方々を雇用し、1つの会社として運用する子会社のことです。
詳しくはネットで検索してみて下さい。

就労をするといっても「どんな会社なんだろう?」「雰囲気はどんなだろう?」「業務はどんなことをしているんだろう?」などたくさんの疑問が浮かんできます。求人や会社のHPだけでは詳しくわかないことが多いです。

そこで、「百聞は一見に如かず」実際に職場を「見て、聞いて、理解する」というコンセプトで行っています。
見学は、担当者の方が詳しく説明してくれ、実際の働いているところもしっかり見られます。

また、質疑応答もあるので、自分の疑問をすべて聞くことも可能です。
そして、自分にマッチングする職業を選択できます。

一人ではできない事も、就労移行支援事業所を利用すれば、様々な情報や行動を行うことができます。みなさんには、就労移行支援事業所を便利に使っていただきたいと思っています。

ちなみににレインボーワークスでは4月に見学会を実施します。
3社の中から利用者の皆様に決めて頂き開催します。また、個人で「ここに行きたい!」ということや「こういう職種はないか?」
などの相談して頂ければ実施することができます。

皆さんの就労を現実にするために支援を致します。