新型コロナで障がい者雇用はどうなるのか?関係機関や会社に確認してみました!!

今回は、皆様が気にしている現在の障害者雇用について私たちレインボーワークスが

調べた内容をお知らせします。

少しでも皆様の雇用にお役立ていただければ幸いです。

①ハローワークに関して

今までの求人に比べ約7~8割減になっており、求人が出回っていない状態です。

雇用関係も在宅関係(PCを使ったテレワーク関係)は求人が出ています。

また、スーパーや物流関係も出ているとのことです。

新型コロナウィルスの関係で、求人も偏りが出ている感じです。

今後時期が経つにつれて、求人も元の状態に戻ってくると思います。

②しごと財団の委託訓練及び現場実習について

しごと財団に確認したところ「現在、登録している会社様に直接確認してください」との回答でした。

殆どの会社様が委託訓練及び現場実習をSTOPしている状態が予想されているとのことでした。

③特例子会社に関して

現在、本事業所と関係頂いている会社様やしごと財団に登録している特例子会社様で連絡をしてみました。

殆どの会社様で現在の受け入れはしていないとのことでした。

再開目途は早い会社で6月下旬、次に7月、長い場所では10月までとのことになっていました。

いかがだったでしょうか?

雇用先は、現実としては、少なくなっております。これは事実です。

また、今まで通り多くの雇用が出来なくなったり、雇用自体できないという会社も出てきます。これも事実です。

そんなこれからの世の中で、就労を目指すのであれば「就労移行支援」を利用することをお勧めします。

各事業所様には、会社様と連携していることが多く、就労しやすいメリットが多いです。レインボーワークスも同様です。

企業実習先や不安や悩みへの相談、ご自身に合った仕事探しを全力でサポートします。

新型コロナとの共生時代になっていく中で、今までように行かなくなるからこそ就労移行支援を使って有利な就労をしましょう。

この機会だからこそ是非、就労移行支援をチェックして頂ければと思います。